アトピーが起る理由

アトピーが起こる理由というのは、その人にとってのアレルゲンが体に入ったときに、体内に侵入する悪いものという判断をして、免疫システムが発動してしまうことで起こります。 言い換えると、免疫システムの誤作動とも言えるのです。 免疫システムの誤作動は、人によっていろいろなものに対して起こります。 それをアレルゲンといいますが、そのアレルゲンが体に侵入することで、過剰反応をして炎症というかたちで抵抗します。 その場所によっていろいろな症状が出てきます。

鼻でその炎症が起これば鼻水が止まらないという花粉症にもなります。 気管支の部分でそれが起これば気管支喘息となります。 また皮膚の部分で起こると、アトピー皮膚炎という炎症が起こるようになります。 つまり皮膚の上から薬を塗って炎症を止めても、大もとの免疫システムを調整しなければ完治はできません。 そういう意味ではステロイドは肌から入って、完全に免疫システムをブロックしてくれます。 しかし、それによって今度ステロイドをやめたときの、倍増するというリバウンドの副作用が言われるようになり、なるべく使わない方向にあるようです。

アトピーは肌のバリア機能が落ちているので、アレルゲンが侵入してきたものを追い出す免疫細胞とヒスタミンという物質によって炎症を起こします。 痒くなると、ますます肌バリア機能が落ちるので、よりアレルゲンの侵入が多くなり、ますますアトピーはひどくなります。 アトピーは子どもの頃になることが多く、いったん治ってからまた大人になって起こるということもあります。 体質改善を行なうことが大きな改善になると言われていますが、なかなかサッと治るものではないということも現実のようです。

▼外部リンク▼
アトピーや敏感肌の方向けの化粧品の通販サイトです・・・アトピー用化粧品

Copyright © 2014 アトピーの原因 All Rights Reserved.